What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2009年10月31日

小さなご近所さんたち

我が家の目の前は雑木林。木の種類が種類なだけに、私には「ジャングル」のように見えます。ここには小さなご近所さんたちがたくさんいて、結構にぎやか、眺めるのも楽しいです。

彼らの活動時間は主に午前中。時間は7時半頃(やっと夜が明けて明るくなり始める)から11時頃まで。これ以降はとても暑くなり、彼らの動き、声もパタッと止みます。

<リス>
入居当日に見つけて大興奮! こんな暑いところにもいるとは知りませんでした。彼らはこの雑木林を定宿にしています。ときどきチュンチュンとかわいい声で鳴きますが、きっとこれは「チューチュー」のことだろうと理解。また、木から木へぴょんと飛び移って行くけれど、運が悪いと乗った葉っぱがぽろっと取れ、一緒にドサッと落ちてます。毎日すっごく忙しそうです。
上に行くとするかな

まだちょっと青いかも・・・

毎日忙しいんです;

<野生のニワトリ>
ご近所の誰かが飼っているとばかり思っていましたが、ある日あまりにも近い距離でコケコッコーが聞こえるのでベランダに出てみると・・・!!目の前の木に止まって誇らしげ! 時々しか見かけないし、反対側の森で聞こえたりもするので、あちこち移動しているはず。飛ぶんだね。
置物じゃないよ


<いろいろな鳥たち>
こっちの鳥は声が大きい。毎朝結構騒がしいです。どのくらいの種類の鳥たちが居るのかは不明。いつも木の葉の影に隠れ姿が良く見えません。しかも動きもすっごく早いので、飛び立ったときでもはっきりと容姿を見分けるのは困難。皆さん、わりとカラフルです。

<サル>
一度だけ目撃。下の駐車場から出てきて、あっという間にお隣の家の屋根に駆け上り、どこかへ消えていきました。大きさは柴犬くらいかなぁ。駐車場で突然遭遇・・・は勘弁願いたいです。

<リザード君(ヤモリ)>
あちこちに居ます。我が家ではベランダとコーヒーマシーンの陰で遭遇、大騒ぎに。日本のヤモリのようだったら、それ程怖くはないんです。こっちのはあんまりにも動きが機敏で怖いです。そのためリザード除けスプレーを大量に常備しています(ヤモリが嫌がるだけで殺すものではありません)。しかし、こちらでは虫を食べてくれる大切な存在でもあるようで、「全部のヤモリを駆除したらゴキブリが大発生した」という話も。。。。う〜ん、ゴキブリと選択を迫られたらリザード君と同居するな。

●総評
人はノロノロなのに、小動物はやたらと動きが機敏。日本の小動物が旅客機なら、こっちのはジェット戦闘機くらい。

posted by mie at 00:00| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ご近所さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

コンドミニアムとは

マレーシアでコンドミニアム「コンド」と呼ばれる集合住宅は、日本で言うマンションです。
その規模はまちまちですが、日本との違いは、ほとんどのコンドでは24時間セキュリティー(ガードマン常駐)、ジムやプールなどの共有施設があることです。

我が家は規模としては小さなコンドです。全部で16戸、こちら式に言うと16ユニットしかありません。守衛さんは24時間常駐、共有施設は屋外プール、オープンエア・ジム(つまり室内ではないということ。フィットネスマシーンが何台か置いてあります)、カラオケルーム、BBQ設備があります。

大型コンドになると、超高層で複数棟が配置された大きな敷地、ちょっとしたレストランやミニマーケット、スカッシュコート、美容院、中心地までのシャトルバスサービスなどが備わっているところもあります。外に出なくても敷地内で生活が整ってしまう、というわけです。

警備の厳しさもまちまち。基本は敷地に入る際に守衛さんに門を開けてもらう、です。居住者以外は自由に出入りは出来ません。居住者以外がたずねてきた際は、訪問先の居住者に連絡が入り「●●●という人が来ています。入れますか?」と確認が入ります。厳しいところでは、更に訪問中は訪問者はID(パスポートや免許など)を預けなければならないところもあります。

「集合住宅」は日本でもマンションだったりアパートだったり、それなりに言い分けていますが、こちらも同様です。
コンド:一番上等な集合住宅。経済的に余裕のある層、外国人が住む物件。
フラット:一般的な庶民層が住む集合住宅。
アパートメント:低所得者が住む集合住宅。
(フラットとアパートは逆だったかもしれません。ちょっと記憶が曖昧。。。)
日本人の場合、設備と環境の面からコンドでないと住めないだろうと思います。

住居下見の際に、私たちは会話の中で「Flat」という言葉を使いました。英語(米語ではない)では集合住宅の一戸を指す言葉だからです。すると、コンドのオーナーが「ご存じないようなので申し上げますが・・・」と前置きの後、コンド、フラット、アパートの違いを上記のように説明してくれました。
つまり「私の物件をフラットなんて呼ばないでね」ということです。 うっ、これは大変失礼をいたしました。。。

コンドのオーナーと言えば成功者なので、その辺はデリケートな部分なんだな、と学習しました。


ラベル:コンド
posted by mie at 00:00| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

自家用車をどうする!Bう〜、決められない

Samはすっかり中古車を探してくれる気配はなく、強くMyviの新車購入を勧めます。わんさんも静かに、私が諦めてMyviで納得する日を待っているようです。私は、何も言いませんが、何とか日本車のSUVが手に入らないか頭がグルグルしています。

私がSUVにこだわるのは、
・好きだから。日本で乗っていて、私の中では使い勝手No.1だから
・当地の運転の仕方、渋滞ぶりを見ると、車高が高いほうが断然有利だから

日本車にこだわるのは、
・中古車でもだいたいの程度がわかりそうだから
・マレーシア国産メーカーの車があまりにもひどいから

「車を持つ」という考え方としては、
・在馬中にかかる費用を最小に抑える。車を使うのは3年間。3年後には売却です。つまり(購入価格−売却価格)が私たちのコストです。
・維持費を考えると、排気量は2.0Lが上限です。

当地での日本人間の情報交換の場の一つに「Jalan Jalan」というサイトがあります。ここに「中古車を探しています」という投稿を載せてみました。出来ればRAV4かRUSHあたりで。

同時に、お世話になった不動産屋の関係で、車を探してくれそうな人を紹介してもらい、私の希望を伝えて様子をみてもらうことに。

一方、わんさんが会社から借りているSavy(マレーシアProton社製)は本当に怖い車です。
オートマのようなミッションのような中途半端な車で、走行中に「ギアが変です」と警告を出します。ギアが変って、あんたが自分で操作してるんじゃん!とSavyに言ったところで警告を消してくれるわけでもなく。。。高速走行中もこういうことが起こるので、会社にお願いして別の車を用意してもらうことになりました。

一見とってもまともなSavy君、出来る子に見えます。↓
372savy-front.jpg

後ろの顔はちょっと変



あ〜、こんなところで大金は出したくないし、かといってケチって安心は捨てられないし、グルグルグルグルたらーっ(汗)

ラベル:中古車 SUV Myvi SAVY
posted by mie at 00:00| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。