What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2010年07月24日

乗馬> Hacking

本日は日本からのお客様と一緒にハッキング(外乗)です。そのお客様とはひょんなことから知り合い今日が初対面。
予約時間16:30にスコールが来たら彼女の唯一のチャンスはパー、しかもハッキングコースつまんなかったしなぁ、前回。。。 それに、あれほど確認を取ってお願いしていたAnjaは何の都合か知らないけどキャンセルになって別の人だし。。。大丈夫かなぁ、今日。。。 
などなど心配の種はつきず。

用意された馬は2頭とも私の知らない馬(パロミナとパレルモ。まぎらわしいなぁ。)、今日初めての馬です。もちろんインストラクターのIzlyも。
パカパカと前回と同じ道をジャングル方向へ向かっていきます。  むむ、私の馬は周りの葉っぱをやたら食べたがる!(若い頃からそうだったんだって。)
途中まで進むと、舗装された道から外れIzlyは藪の中へ。  え!そっち?初めて!  ちょっと面白くなってきたうぷっ.gif
だんだんジャングルっぽくなってきたし、上りも下りもあるし、野犬もいるし、でも私の馬はこの状態の中を走りたがる。抑えるのが大変。(ちょっと怖い気もするけど、たのしーかもっ!)
今日は野生のニワトリやサルは見なかったけれど、ジャングルの中を馬はあんな感じで進むのかと分かって、楽しい45分間の外乗でした。


さてさて、家に戻るとわんさんは日本出張へ出発前。間もなくタクシーの迎えが来て、2週間の猛暑生活に旅立っていきました。
時間差でお客様も空港へ。雨もなく、暑すぎもせず、ジャングルも楽しくて良かった(ほっ)。良い出会いでした。

<余談> 7時過ぎ、お腹が空いた私はLuckyGardenでテイクアウェイすることに。
DSC00128.JPG このフードコート内の(なんて読むのか分からない)
DSC00129.JPG このお店(ソーキーミー)のビーフヌードルがおいしいんです。
ビーフヌードル持ち帰り 
こんな風に新聞に包まれ、袋に入った青唐辛子がついてくる。
開けると、こんな感じ。あんかけのあんがこぼれそう。
DSC00131.JPG
するするとお皿に移すと
DSC00132.JPG おいしいビーフヌードル RM8-(¥240)
     関連記事:Cantonese Fried Noodle

     わんさん、元気でかえっておいでよ〜!

posted by mie at 21:38| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

スイスへ

本日は月曜日。この家の主、JarekとS女史は仕事に出かけていきました。
3泊お世話になった部屋をちょっとだけ片付けさせてもらって、私たちはスイスへ向かいます。
二人ともありがとう! あの頃とちっとも変わらない3日間、あっという間に過ぎました。おいしいご飯も食べさせてもらって、本当に楽しかったるんるん また会う日まで!

ところで、私の悪友たちは「ただの酒飲み」ではありません。彼女たちは料理も上手。だからお酒も一層おいしくて、さらに楽しくなるんだよネェ。やぁ、持つべき者は腕があり、胃が丈夫な友だなぁ。うんうん。

さて、スイスへの道すがら、ミュンヘン市内に立ち寄りです。なぜかというと、私は一度もあの有名な観光客御用達「ホフ・ブロイ・ハウス」に行った事がないから。日本からドイツ旅行というと必ずコースに入るミュンヘンとホフ・ブロイ・ハウス、住んでいた私はメジャーな観光地ってほとんど行ってない。今回は観光客らしく旅行するぞ!

Hof braeuhaus Hofbraeuhaus 裏手
オクトーバーフェストの時期にはいつもミュンヘンに出張に来ていたわんさん、彼には馴染みの店です。(出張時期、タイミング良過ぎない?)
巨大プレッツェル でっか〜い、おいし〜い! プレッツェル EUR0.9
Bayerische Surhaxn どうだー! Bayerische Surhaxn EUR10.50
そもそも連日の食べすぎでそれほどお腹は空いていない。けど、どうしてもアイス・バイン(豚すね肉の塩漬け煮)が食べたかった私。ここではSurhaxnという名前になっていますが、同じものです。(何かと単語が違ったりするので戸惑うことも多かった:バイエルン) テーブルに運ばれてきたら、とにかく無言で一心不乱に食べ続けます。でないと食べきれない;;;
Münchner Wurstsalat わんさんオーダー、Münchner Wurstsalat EUR5.90
なんとか完食。本気で無言。。。。苦しすぎ。(味は・・・悪くないけど、観光客相手、ですね)
Hofbraeuhaus中庭 一日に消費される肉の量を考えると ひゃっは〜.gifひゃ〜

これでドイツでやりたかったこと、見たかったもの、食べたかったもの一通り完了。満足感一杯でスイスへ向かいます。
また来るからねぇ〜、ありがと〜!


ドイツからスイスへ 空が広い。南へ。
スイス、向かう先はFrauenfeld。ドイツ、スイス、オーストリアの国境となっているボーデンゼーからほど近いドイツ語圏の町です。
ミュンヘンからはボーデンゼー方面へ走り、ちらっとだけオーストリアに入り、スイスへ抜けます。3カ国の税関を通過しますが、申告するものがなければスルーです。
また、高速道路はドイツは無料、オーストリア、スイスは有料です。でもこの経路だとオーストリアの高速料金は支払う必要がないんだとか?非常に怪しい情報を元に通過。。。 スイスはヴィニエットVignetteという年間交通券をフロントグラスに貼る必要があります。どんなに距離が短くても、高速道路に乗るには必要です。知ってます、知ってますが、どこで買うの?「どこかなぁ、どこかなぁ」と言っているうちに
右手にボーデンゼーを見ながらスイス入国 わーい、ボーデンゼーだぁ!
スイスに入国。右手に3国の国境となる湖を見ながら走ります。結局、高速道路通行券は購入せず。
Mami(スイスの母) Mami! ひさしぶり〜! 到着です。
スイス初日の夕食 ポークステーキ(Thomas作)とMamiのサラダ
在ドイツ6年の間、何度と無く通ったMamiの家。何回か食べた懐かしくてとびきりオイシイ味です。しかも今回はThomas作。彼は7つ星ホテル(ドバイ)や欧州各国の5つ星ホテルで働く本物のシェフです。今はロシアのセントピータースブルグで働いていますが、私たちの訪問に合わせて休暇を取って帰ってきてくれてたんです。知らなくてビックリ!

初日から贅沢だぞぉ、スイス! 手(チョキ)


追>>
Vignetteを買わずに高速道路を走ってきたと言ったら、二人ともサーッと青い顔になりました。「でも、誰にも止められなかったし、警察の姿も無かったよ?猫」 「だめよ! モニターカメラでしっかり見張られてるんだから!」 げっ、明日は買おう。
(国境では税関事務所で、町では郵便局で購入可能です。)

ラベル:ドイツ スイス
posted by mie at 12:00| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | --- ドイツ・スイス Holiday2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

感激! お祭りに遭遇> 続き

さて、今朝方偶然に通りかかったお祭りは Hauserdoerfl という村で行われておりました。
午後は飲んで食べてがあるよ、という言葉に誘われ、その場所を一生懸命探し・・・あった!

お祭り会場  Hauserdoerfl お祭り会場の様子
ここに居る人たちは全員民族衣装。普通の格好おまけに外人は私たちだけです。(本当に入って良いのかなぁ・・・・) 「どうぞ」と言ってくれる人が居るわけでもなく、「なんですか、あなた達?」と言われるでもなく、う〜〜ん、どうしよう。。
今朝、お祭りの内容を教えてくれたご婦人が居たので「入っても良いの?」と聞いてみる。「どうぞ。蚤の市はどうだった?」 やったぁ ワーイ.gif、ありがとう!
こういうところ、私好きだなぁ、ドイツ人。決してあちらからあれこれと言い寄ってきてくれる人たちではないけれど、話しかければ(外人だろうと、言葉が変だろうと)一生懸命聞いてくれて、ちゃんと答えてくれる。基本、まじめだよね、彼ら。
ご婦人の後姿 ご婦人方の後姿
髪の結い方、髪飾り、後姿のちょっとした伝統衣装のアクセサリー。気の使い方は日本の着物やかんざしと同じだね。

 Schuhplattlerが始まった!
慌ててカメラのムービーモードで撮影。(使ったこと無くて戸惑う・・・) みんな真顔、ドイツ人だねぇ。後ろでは親たちがクスクス笑ってるの。目が回ったり、ステップが変な子がいるんだね。かわいい、かわいいるんるん

さてさて、そんなこんなしているうちに・・・・
私たちのことを遠巻きに見ていた地元の人たち(興味はあるらしく、時々チラ見するんだよね)、ついに話しかけられました。(時間がかかるドイツ人)  何かというと、
地元産のシュナップス シュナップス(女性向)
地元産のシュナップスを勧められた。う〜ん、シュナップスかぁ、、、普段は興味ないんだけどね、でも飲んでみたら「おいしいじゃん!揺れるハート
ということで、調子にのって「もう一杯ちょうだい」とお願いしてみる。
お酒ちょうだい、 おじさんに交渉中のS女史
サスペンダーの意味 そして、こっちでは、
このサスペンダーの模様の意味(名前のイニシャルが入っていて、中央には職業が記されている)とか、刺繍の施し方(鳥の尾羽根を細く裂いて糸にしている)とか説明を受けたのでした。


いや〜、本当に楽しかったし、すごく良い経験でした。
「ドイツ人」と私は書いてますが、でも私の知っているドイツ人やドイツとは明らかに違う。まるで初めて来た別の国のように感じ、何とも不思議な感覚でした。
わんさん、仕事なんてしてないで一緒に来たら良かったのに・・・ by Jarek ホントだよね?

Bodenschneid Bodenschneid Hauserdoerfl
ハウザードゥフル 町の生誕90周年(ってとこかな?)
2020年には盛大に100周年を祝うんだろうね。また来れたら良いね。


PS>この日、わんさんはミュンヘンで、
ミュンヘンのビアガーデンにて 古い仕事仲間達と再会

ラベル:ドイツ
posted by mie at 17:00| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | --- ドイツ・スイス Holiday2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。