What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2011年02月26日

またまたバンサーの縁

開発放置現場の続き。夕方6時半頃。

家まで帰ってきたのは良いが、夕食どうしよう。すっかり頭と舌は「大衆中華」になってしまっているので、今更ほかに食べたいものが思い浮かばない。しかもバンサーを連れて行くつもりだったので、留守番をさせて食べに行く気にもなれない。う〜〜ん。
ぐずぐず悩んで決まらない中、とりあえずバンサーのトイレに行かなきゃ、ということで散歩しながら悩むことに。

歩くうち、わんさんが「あのアイリッシュ・パブに行ってみる?」と。
Bangsar Baruにあるアイリッシュ・パブは犬OK、と以前に散歩に来たときに確認しています。まぁ、何を食べるか決まらないし、そうしよっか?
     *Bangsar Baru:ショッピングモール、商店が集まるこの地区の繁華街

DSC00570.JPG フィッシュ&チップス(奥)とシェパーズパイ
食べ物は、まぁ、こんなもの。シェパーズパイは塩味がきつすぎ、フィッシュ&チップスはどうせ冷凍品だからどこにでもある味です。(最近、舌の採点がかなり甘くなった)

「この店で犬がOKなら、あっちのドイツ飯屋は絶対OKだと思うんだけど・・・犬
「うん、私もそう思うけど、オーナー、スイス人だしねぇ。でも聞いてみないと。猫

そういう訳で、帰りに数軒隣のドイツ飯屋によって聞いてみることにしました。
DSC00572.JPG House Frankfurt(過去記事)
「やぁ、今晩は。どこに座る?」 byオーナー
「いや、今食べてきたところだから。犬を連れてきても良いかどうか聞きたくて・・・猫
「もちろんだよ。犬のことだったら、あそこに座っている男性に聞いてみるといい。この犬(バンサー)はベルジャン?」 byオーナー
「ううん、Deutsch Schaeferhund 猫」 (ん、久々のドイツ語会話も大丈夫だぞ!)
「食べてきたんなら、どう、飲み物でも?」 byオーナー
ってな展開で、まるで本当にドイツに居るかのように(周りから聞こえる会話もドイツ語だし)、普通にバンサーを連れて飲んで帰ることになったのでした。

テーブルについて飲み始めると、さっきオーナーが「あそこに座っている男性」と言っていた男性が私たちのほうにやってきました。巨体+髭面です。

この人、ドイツ人。40年も前にタイでシェパードの犬舎を始めたんだって。そのうち、ある女性と知り合いマレーシアに来ることに。マレーシアにシェパードを紹介した最初の人らしい。つまり、マレーシア産のジャーマン・シェパードは全て、彼がドイツから連れてきた台犬が元になっているんだって。

「でも、これの両親はドイツから輸入されてるんだけど(=マレーシア産ではない)。犬舎はHardyhaus。Mr.Wongがブリーダーで。 猫
「この犬は何歳だ?」
「5歳」
「あぁ、間違いない。Mr.Wongはパートナーだよ、最近交流が無くなってるが、5年前なら間違いなく自分が入れた犬だ。」
「!!! 犬猫

こんな偶然、あるんだねぇ?  どうなの、この縁。

たまたま遊びに行った場所(開発放置現場)がいい所じゃなくて、早く切り上げて帰ってきた。
たまたま食べたいものが浮かばずにズルズルと散歩途中のパブで食事を済ませた。
たまたま「だったら帰りに寄ってみよう」と、このドイツ飯屋に寄ってみた。
たまたま、この男性がこの店に来ていた。(彼の住まいは別の町)
それも、バンサーを連れていなかったらこの展開にはなっていないはず。バンサーを見たから「きっと自分が手がけた犬だ」と声をかけて来た。

う〜む、バンサーについては、何かと不思議な縁がつながるような気がしています。(過去記事:バンのルーツ)
「いつでも遊びに来てくれ」と言ってくれたので、そのうちお邪魔してみたいと思っています。 MyGerShepherd

本犬には「そんな話はどうでもいい」ことで、
DSC00571.JPG 私たちの足元で伏せるバンサー
すっかり保護色。床と同化して、まるで忍者。誰も彼の存在に気がつきません(^0^/

     
     O Quays Irish Pub : 6, Jalan Telawi 5, Bangsar Baru
     (このパブは閉店しました。新しい店が犬OKかどうかは不明)
     House Frankfurt : 12, Jalan Telawi 5, Bangsar Baru


タグ: Bangsar 洋食
posted by mie at 19:12| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこで走る?

「犬飼い」にとっては、何かと不自由なマレーシア。中でも私が一番困っているのは、「バンサーを走らせる場所」がないこと。オフリードに出来るような場所がなく、これじゃあ呼び戻しの練習も、しっかりした筋肉作りも難しい。

数少ないローカルの大型犬オーナー情報を頼りに、KLからおよそ30km、Seri Kembanganの開発放置現場に行ってみた。
Seri Kembangan 到着
このラウンドアバウトが突き当たり、ここで開発はストップしている。一部ごみ捨て場と化して雰囲気は良くない。正面に見える建物は、こちらも放置されているスポーツコンプレックス。
DSC00567.JPG 右には大型コンド(マレー系)
DSC00566.JPG
DSC00565.JPG
犬を走らせるだけなら、この場所でも悪くない。もっと奥へ入っていくことも出来るそうで、犬はそこそこ楽しめると思う。

でも、わんさんは「この場所は好きじゃない」と顔をしかめる。

確かに、ここに到着するまでに通り過ぎた町の雰囲気、走る車の様子、その走り方・・・あまりヨロシイ地域ではない様子です。この現場に隣り合わせている、あの大型コンドもちょっと雰囲気が。。。

ローカルの仲間と一緒に大勢で来るなら多少気分的には違うでしょうが、私たちだけで来て、行き止まりのラウンドアバウトに車を放置して外に出るのはリスクがあるように感じました。残念。
空もゴロゴロ言い始めたし、予定も早々に切り上げて帰ることにしました。

車に乗り込むと同時に、私たちの隣にボロボロの小型車が。瞬間(やばいかも!)と緊張感が走る。。。。
けど、私たちが目当てではなく、この人たちも大型犬を走らせに来たらしい。片耳がちぎれたシェパードと黒ラブが飛び出してきた。そして連れてきた男性2名は・・・・私の目には結構な荒くれ者に見える。そうなるとシェパードも獰猛に見えてくる。
う〜ん、「犬飼いに悪い人なし」と言うけれど、この場合「私に声をかける勇気はなし」だな。

本当は存分に遊んで、帰りにPuchongの中華食堂で夕食を済ませて帰ろうと思っていたのに。。。 夕食には早すぎるし、岐路は激しいスコール、食堂で食べれそうにもないです(半外テーブルだから)。
あぁ、頭の中は大衆中華で一杯;;;

     そして、この話には続きがあったのだった。。。

     Seri Kembangan開発放置現場:Jalan Tasik1 と Persiaran Desaminium1の交差点
     (GPS: 3.011164,101.662526)


タグ: selangor
posted by mie at 17:12| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

家族総出? サルたち

これ、1月25日に撮った写真ですけど、
こんなに大勢でのお出ましは初めてでビックリしました。

サルたち 隣の家の屋根
サルたち2 写メに気付いた! ムンクの叫び.gif
コンドの駐車場から撮ってます。(携帯なので、ちょっと見づらい) 
隣の家との間には垣根とか堀とか、とにかくサルを遠ざけれそうなものはなく、降りてこようと思えば簡単に降りてこられます。ひゃ〜;;;

このとき、車から降りてバンサーを連れていたので、どうやらサルたちは警戒音を発しているようです。一方、バンサーは「・・・早く家に入りませんか?」 あ、はいはい、ちょっと写真撮ったらね。

P1040452.JPG 我が家のウェットキッチンから見てみた
お腹に子ザルを抱えたお母さんもいましたねぇ。大人のサルでもちっさいです、柴犬くらいかな、大きさ。
隣の家にはちょくちょくサルたちが来て遊んでいるのを見かけます。子ザルたちが遊んでいるのは本当に楽しそう。 けど「隣の家は窓開けられないねぇ」なんて言っていたら、「あ、開いてる!」 ・・・大丈夫なんだろうか?

近所では一回だけ、白人男性がサルにおむつと首輪をつけて散歩しているのを見かけたことあるけど、ちょっと可愛そうだったなぁ。楽しそうじゃなかったもん、サル。
やっぱり、こうやって時々家族総出で人間の様子を見に来るのが良いよ。こっちはちょっと怖いけどね aicon_bbs13.gif


     その他、動物関連記事はタグクラウド(画面一番下)からどうぞ。

タグ:Bangsar 小動物 kl
posted by mie at 18:33| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。