What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2011年09月24日

ホタル鑑賞

メラワティの丘、シーフードレストランと来て、やっと本日のメインイベント「ホタル」でございます。当然のことながら真っ暗闇の中での鑑賞なので写真はありません。

Firefly Park Resort 入り口
到着したら入場券(ボート乗船券)を購入。ライフジャケットを着てボートに乗り込みます。

と、ここで既に桟橋横の木々が少しだけピカピカと光っております。「あれ?ホタル?」
わんさん 「電飾だろう。ホタルなわけない」
(3人) ・・・・・。
T君 「あ、でも飛んでますよ。ほら、それ」
わんさん 「・・・・・ 電飾だって。」
お、おじさん、聞く気なし。

ボートは10人程度集まると出発します。電動モーターなので音もなし、す〜っと進んでいきます。しばらくすると川面の木にピカピカと無数の青白い光が見えてきます。本当にたくさん、まるでクリスマスツリーのようです。
ここでまたまた電飾説が飛び交い、くだらない笑いを繰り返すわけですが、でも本当にホタルだと知って来なかったら手の込んだ電飾だと思えるほどです。

日本のホタルが黄色っぽい明かりをぽ〜っぽ〜っと発するのに対し、ここでは青白い光をピカッピカッと発します。
男性陣二人は「いやぁ、来て良かったね。見ておくべきだな、これは」と静かに感動気味。でも私は「情緒がないよね。やっぱり日本のホタルのほうが好きかなぁ。」 「マレーシアに情緒を求めるのが間違ってる」by わんさん。あ、そうでした。

情緒は諦めるとして、ほんの短い時間ではあるけれど楽しめましたホタル鑑賞。T君も満足のようで良かった良かった。

ところで、私たちが訪れたここは「Kampung Bukit Belimbing」。 ホタルが見られる場所は近くにもう一箇所「Kampung Kuantan」があります。こちらのほうが古いようですが、河の汚れによりホタルの生息数が減少しているという情報です。友人も「少なかった。たいしたことないよ。」と言っていたので、やはりココのほうが当たりだったのでしょう。

     Firefly Park Resort
     Jalan Haji Omar, Kampung Bukit Belimbing, 45000 Kuala Selangor,
     リゾートとなっていますが、宿泊しなくてもホタルだけ見に行けます。予約も不要です。

DSC00296.JPG チケット
「歓迎する」と力強く宣言してくれてます ( ´艸`)ムププ

ラベル:selangor 小動物
posted by mie at 21:59| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・遠足 KL発  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーフード

以前わんさんが得意先のローカルに連れて行ってもらって「おいしかった!」と喜んでいたシーフード、いつか行こうなんて言ってたけど、わざわざぁ?そんな遠くまで?な場所だった。でも、たまたまホタル鑑賞の出来るところの近くだったのよねぇ。

シーフードレストラン クアラセランドール 海の家みたいな店
入るとすぐ生簀が並んでいます。どれが美味しそうかなぁなんて、ここで品定め。
IMGP4140.JPG これ意外と美味しかった、とわんさん評
IMGP4144.JPG なのでチャレンジ! お、いける!
巨大シャコ 巨大シャコ。美味しいけど手こずる;;;
グルッパから揚げ グルッパ(ハタ類)から揚げ。ヒレもカリカリでおいしい!
サツマイモのツルの炒め サツマイモのツルの炒め。お気に入り。
海老のサテー 海老のサテー。う〜ん、これはNG;;;
ここでは素材を選び、調理法を指定します。分からなければお勧めを聞くと良い。失敗したのは生牡蠣(味がない)と海老のサテー(エビフライにサテーソース、くどすぎる、せっかくの海老が・・・)でした。

そしてメニューにないもの、地元民しか知らないこんなものもオーダー。
椰花酒 椰花酒
この地方で個人宅で作られるものらしい。読んで字のごとく、椰子(ココナツ)の花のお酒です。ココナツの花先を切って、出てくる汁を発酵させたもの。口に含むとかすかに発泡性のような刺激を感じます。味は薄くて(形容しがたいが)甘みのない甘酒のような。。。 そして香りが「ん?なんだか懐かしいんだけど、何だろう?何だろう?何だろう? ブツブツブツ」 散々ぶつぶつ言ってたどり着いたのが「イースト」でした。そう、イースト菌の香りがします。(どうりで懐かしいわけよ、私)
このお酒、メニューにはありません。聞けば出してくれるかも。でもって自家製なので、こんな風に↓↓空きペットボトルなんぞに入れられて出てきます。アルコール度はごく低め。でも1本飲んでいるうちにそこそこいい気分になるものです。地元の人はビールで割って飲むんだって。
IMGP4154.JPG 1本RM9(¥270)

いやぁ、これ以上無理というほど食べて大満足。それでも3人でRM230(¥6,900)くらい。ここは団体ツアーもやってくるので、ちょっと早めの時間に到着がお勧めです。
     Rstoran Kuan Hwa Kuala Selangor
     No 1A, Jalan Bagan Sungai Yu, Pasir Penambang, 45000 Kuala Selangor


たこの干物 お土産
隣の海産物屋で買ったタコの干物。これ、どうやっても戻らん;;;

ラベル:selangor 中華
posted by mie at 20:00| クアラルンプール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食 eating out | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bukit Melawati

日本からのお客様T君の「自然なところ」というリクエストにお応えし、クアラセランゴールに出かけました。目的はホタル。
お昼はKLで済ませ、午後出発し、まず向かったのはBukit Melawati。ここから車で40分くらい(渋滞等あるので実際は1時間くらいか?)の小旅行です。夕飯は川岸のシーフードレストラン、その後 ホタル鑑賞の予定です。

Bukitとは「丘」の意味、つまりメラワティの丘です。
カーナビにしたがって到着したメラワティの丘は「え、ここ?」という、なんとも想像していた目的地とはかけ離れた場所で、そこに立っていた係員(公務員であることは一目瞭然だった)らしき人に「ここ、メラワティの丘ですか?」とか「車はどこに停めれば?」とか聞いてみて どうやらあっているらしい という若干不安の残る気持ちで車を降りたのでした。

なぜかというと到着するといきなりこんなものが待っているから。
メラワティの丘を走るトラム トラム RM3(¥90)
え、遊園地に来たつもりはないんだけど、、、と相当不安になりながら、丘に行くにはこれに乗るしかないようだと結論。乗ってみた。
メラワティの丘 トラム(2) 運転手は防音イヤホン
一番前の席に陣取ったはいいけど、すっごくうるさいです。乗るなら後ろのほうがヨロシ。あとで分かったことですが、トラムに乗らなくても丘へは歩いて登れます、無料です。でも3リンギで上り下り出来るので「乗り」だな。

さて、メラワティの丘ってなに? ですが、こちら参照→ Firefly Park Resort
その昔、マラッカ海峡から攻め入る侵略者を迎え撃つ重要な砦たったところです。

耳に優しくないトラムに揺られて丘の上に到着。迎えてくれるのは
Silver Leaf Monkey Silver Leaf Monkeyです。
この方たち、非常にフレンドリー?ちがうな、マイペースと言ったほうが良いのか、逃げもしない、かと言って寄ってこない、攻撃しない。食べ物くれるなら超お近づきになっちゃうけどぉ、みたいな方々。
IMGP4126.JPG 学校の遠足かな?
ほらね? 子供たちが大騒ぎして近寄っても我関せず。
Silver Leaf Monkeyの赤ちゃん 赤ちゃんは金色!
観光地よりも動物のほうが気になる私は、しばらく観察。なぜ守るべき赤ちゃんがド派手で目立つ金色なのか? おもしろいねぇ。
IMGP4135.JPG ヨッチヨッチヨッチ。。。
あ、お母さん、赤ちゃん行っちゃいますけど、、、 母親全然平気です。群れで子育てをするということでしょうか? 隣の奥さんとおしゃべりに夢中。(だと思った) この金色の間は乳幼児のようですね、まだ歩き方がおぼつきません。
Silver Leaf Monkey 子ザル 子ザルたち
少し大きくなると親ザルたちと同じ色になります。あのヨチヨチ赤ちゃんは、この子達に捉まってしばらく遊ばれていました。遊びがちょっとエスカレートし始めたとき、お母さんが赤ちゃんを引き取りに来ました。
このSilver Leaf Monkeyはここにしか居ないのかなぁ? 丘を下ってくると下にもサルたちは居ますが、別の種類です。よく我が家の前に出没する茶色いヤツ。こちらは攻撃的なので接近は注意。

IMGP4122.JPG 丘の全体図
遠くにマラッカ海峡を望む マラッカ海峡が見えます
こうやって見ていると、水平線に侵略者の船を想像し、その影を見つけたときは怖かっただろうなぁなんて思ったりしました。
IMGP4134.JPG 少し陽が傾いて、
それじゃぁ、そろそろレストランへ移動しますか。。。


メラワティの丘: Bukit Malawati, Kuala Selangor, 45000 Selangor
下に水族館などもありますが、丘の上での見学だけなら資料館に入っても1時間あれば十分です。サルを見に行くだけでも楽しいです。

IMGP4132.JPG おまけ
お祈りの場所ひとりじめ


posted by mie at 15:50| クアラルンプール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・遠足 KL発  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。