What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2011年05月23日

犬の狂犬病抗体価検査 結果

5月の頭に採血、検査依頼をした狂犬病抗体価。結果が届きました。
     過去記事:「犬の狂犬病抗体価検査」5/3

狂犬病抗体価検査 結果 返送されてきた結果

記入されている内容は上から、
<飼い主記入>  住所、氏名
<獣医記入>   マイクロチップ番号、狂犬病ワクチン接種の証明
<検査機関記入> 検査結果(数値)、血清受取日、証明書発効日


検査の結果は、抗体価0.5以上必要とするところ、バンサーは1.1あり「問題なし」。(証明書の左下に「1.1」と記入されています。)


この検査にかかった時間は次のとおり、
5/1   血清採取
5/3   マレーシア政府機関による裏書の取得
5/4   血清を日本へ発送(配達記録郵便)
5/10  日本の検査機関に到着
5/19  抗体価検査証明書発行
5/23  証明書到着

検査に要する期間は、およそ一ヶ月をみておけば大丈夫そうです。

この検査結果は、採血の日より2年間有効です。ですが、バンサーの場合、2度目の(最後の)狂犬病予防接種の有効期間は1年間。来年の1月末で抗体の有効性は無くなります。そのため、期日までにもう一度予防接種をする必要があります。

私の理解では、「もう一度予防接種をしたら抗体価検査ももう一度行う。ただし、その場合は採血日から180日間必要とされる待機期間は不要となる」というものでした。これ、検疫所のホームページを読んだ結果。

しかし、検査機関が添えてきた手紙には「証明書の有効性が失効しないよう、必ず(証明書の)有効期間内にワクチン接種を行うこと」とあります。ということは、予防接種さえ間違いなく行えば抗体価検査はもう必要ないということ。だよね?

日本への輸入手続については、検疫所などのホームページをじ〜〜っくり読まないと「むむむ」となるんです。じっくり読むから「むむむ」となるとも言うけどね。(それとも、私だけ?) いよいよ時期が迫ったら、一人でむむってないで検疫所に直接問い合わせようと思います。

何にせよ、まずは「問題なし」でほっと一安心。
何よりのプレゼントになった誕生日でした。(ほほほ、また歳とった;;)

     関連記事:「最後の狂犬病予防接種」2012/01/27
posted by mie at 15:04| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211076213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。