What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2012年01月30日

インド料理

むか〜し、むかし、まだ怖いもの知らずの学生だった頃、ロンドンの語学学校のキャンティーンで食べたカレー。クリームの白い色なのに中に入っているチキンはしっかりカレー味でものすごく美味しかったのを良く覚えてる。まかないのおばさんはインド人で、日替わりメニューはどれもおいしかったけど、当時はレシピを聞けるほどの語学力もなかった。

今はありがたいことにインターネットがほとんどのことを教えてくれる。
クリームチキンカレー なつかしの味を再現
あのキャンティーンのカレーとは見た目が違うけど、味は確かにこんな感じだった。うん、満足、満足。これ、北インドはカシミール地方の料理なんだって。食材の準備も手順も簡単なので是非チャレンジしてみて。
     参考レシピ:クリーミーインドカレー・カシミールカレー


インド料理といえば、ここマレーシアにはインド系住民がいるからあちこちで食べることが出来るけど、そのほとんどが南インド料理。日本でおなじみの「タンドリ」とか「ナン」は北インドの料理なので、ここではあまり一般的ではないです。
その背景は、イギリスがマレーシアを統治していた当時、開拓のために南インドから労働力を求めたから。その労働者をまとめる管理層には北インド人を連れてきたけど、圧倒的に南インドからの移住者が多いわけです。
南インドの料理ってどんなものかというと、代表的なのが「バナナリーフ」
バナナリーフ バナナの葉がお皿代わり
バナナリーフ
なにやらカレールーとか煮込んだものを持ってくるので、好きなものを選んで盛り付けてもらいます。結構な量です。南のものはこのように煮込んで汁気の多いものがほとんど。味も日本で考えるインドカレーとはちょっと違います。

写真は2010年8月、Restoran Sri Nirvana Maju(Bangsar)での食事風景。
ここはいつも賑わっていて満席です。意外に中華系のお客さんが多く、味はマイルドです。

一方、インド系お勧めのバナナリーフは Devi's Corner(Bangsar)、スパイス効いてます。過去記事に掲載しています。

ラベル:インド料理
posted by mie at 18:59| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食 at home | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。