What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2012年08月13日

衝撃の事実

我が家のマスターベッドルームのシャワー、水とお湯の配分具合が悪く、シャワーはずっと「ちょっぴり温かい水?」くらい。これで過ごしてきました、3年近く。

コックを温水方向に倒すと水圧が弱くなって、シャワーヘッドではなく下にジャーと流れちゃう。なので仕方なく、水多め、お湯少な目の「ちょっぴり温かい水」状態だったわけ。給湯器にお湯は沸いてますよ、沸騰するくらい。単にそこから1本のラインに流れ込むお湯と水の配分がうまく行かないだけ。

ま、暑いところなので、水シャワーでも死ぬわけじゃないし、我慢できないでもないので修理も頼んだことありません。だって、何か修理を頼むと余計に状態が酷くなったり、業者が来ると家の中がものすごく汚れたり。これが嫌なのよねぇ、私。

ところが今日バスルームを掃除したときのこと。
自分がシャワーした、そのままの状態(裸のまま、給湯器のスイッチオンのまま)でバスルームもシャワーだ!と勢い良くシャワーノズルから「水」を全開にして掃除開始。
すると「あれ?水が温かい?」 自分がシャワーを浴びるより全然温かい。普通にお湯のシャワーじゃん!こんな温かいシャワー浴びたことありませんけど、私?

なんと、水方向にコックを倒すと「お湯」、お湯方向に倒すと「水」だった。ただし、どちらも全開にした場合。
((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー  何なの、コレ?

ちなみに、青い点、赤い点で水方向、お湯方向が示されていますが、私の理解は日本人スタンダードだと思います。


マレー式トイレ ちょっと失礼;;
マレー式公衆トイレ。洋式が増えてきたものの、まだまだ和式風の公衆トイレ多いです。
マレー系の人はペーパーを使わないので、用が済んだら水で拭いて出てきます。(右にあるホース)
タグ:コンド
posted by mie at 17:30| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

おうち紹介>キッチン

本当は他にやりたいことがあるけれど、バンサーが「一緒に避難してください(スコールが来た)」というので仕方なしPCの部屋に来て、やることないのでブログを更新することに。

さて、次はキッチン紹介しますと言いながらほぼ2年が過ぎました。言ったことはやるよー(なんてね?)

作りつけキッチン キッチン全貌、一応システムキッチン。。。
これがまた、さっと眺めただけでは分からない「なんじゃこれ?」な品物でして、さすがIKEAクオリティー。この手のものはIKEAではキツイと思う。。。 では一つずつ検証。左から行きましょう。

シンク @シンク
小さいです。サラダを洗うのにちょうど良いくらいのスペースしかない。洗い物は厳しい、置き場所もないし。そしてまた水道の蛇口が実用的じゃない。
手元が暗いキッチン A作業スペース
緑のふきんが敷いてありますが、ここが全スペース。まな板1枚置いたら終わりです。そして明かりが無い!手元が暗い! 棚の上に光っているライトはわんさんにDIYしてもらったものです。これなしでは作業は無理。
頭上の棚に移動します。「結構収納スペースあるかな?」と思ったものですが、左側の棚一つはまるまる使えません。なぜかというと・・・
換気扇収納時 B換気扇(収納時)
棚の下のベージュ色のもの、換気扇です。使用しないときはこの状態です。
換気扇使用時 C換気扇(使用時)
使用するときは手前に引き出します。するとライトがつき、換気扇が回ります(もれなくウルサクなります)。ここでのNGポイントは、換気扇を引き出すとクッカーの前に立ったとき頭を打つ!しかも角が直撃だ! 鍋に食材全部放り込んで火にかけて放置するだけの欧米風調理しか想定して無いでしょ、これ。さらに・・・
棚の中、換気扇収納時 D左側棚の中(換気扇収納時)
頭上左側の棚の中はこんな風になってます。この状態ですでに下段は使えません。そして・・・
棚の中、換気扇使用時 E左側棚の中(換気扇使用時)
上の写真と見比べてください。何やら羽のようなものがピコッと開いてるでしょ? これ、換気扇を回すとこうなる。換気扇が吸い込んだ空気はここから吐き出されるんです。さぁ、どうだ、文句あるか! 参りました;;; なつくりです。
ここに物を収納はないでしょう。それに空気は部屋の中をグルグルするだけって。これ見たときの衝撃は大きかった。。 幸い部屋が広い、風通しが良いので、臭いが残りそうな料理の時は食後に窓を全て開ければ何とかなってます。毎日が夏だから許される作りとも言う。
収納引き出し F収納引き出し
これ、一つを引くともれなく全部がついてくるオートな引き出しでした。全く使えないため、これもわんさんがカンナでカシカシカシカシ・・・・。(おい、IKEA!)

以上、我が家の「ドライキッチン」でした。

ドライキッチンって?
我が家にはウェットキッチンなるものもあります。キッチンとしては使用していませんが、上のドライキッチン左側のドアの外にあり、全タイル張り、半外状態です。
「何それ?」と物件見学の時に聞くと、「油ものとか魚料理とか汚れる作業はウェットキッチンでメイドがするの。奥様はドライキッチンでサラダの盛り付けとかフルーツのカットとかね。」   「・・・・・・。」

私、ドライキッチンでウェットキッチン用の作業も、ウェットキッチンではせっせと洗い物と洗濯をしておりますことよ? おほほほほ〜

コンドの各ユニットの作りや備え付け家具は大家さんのセンス、入れ込みようで異なります。同じコンドの他の二家族に衝撃の換気扇の話をしたところ、お二人とも同じような換気扇だとのこと。でも、取り込んだ空気は外に廃棄されるようになってるそうです。外廃棄にするには壁に穴を開ける必要があり、お金がかかる。それをするかどうかの違いのようです。

     スコールやんだ。
posted by mie at 18:21| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

強風の翌朝

昨日の夕方はものすごい風でした。
今は雨季。このところ夕方5時過ぎになると必ずゴロゴロいい始め、バンサーが不安な顔をし始め「やばい、今のうちに散歩;;」とあせる私。昨日はスコールに加えビュ〜ビュ〜と派手な音で風もすごかった。これ、部屋の中から眺めている分には楽しいんだけど。

一夜明け、今朝の散歩。うちから丘をさらに登り突き当りまで来ました。
ありゃ、やっぱりやられてるわっ。
強風で倒れた木 ぽっきり倒れた大木
DSC00340.JPG
この道の左側は斜面です。そこに立つ木が道路側に倒れて一車線をふさいでいます。まだ枝も電線にぶら下がっています。車、泊まってなくて良かったねぇ。

夜になって雨はやみましたが、日曜の夜10時だというのに近所からはチェーンソーの唸る音が聞こえていました。きっと倒れた木を切り刻んでいるんだろうと思っていましたが、ここではない別の場所だったようです。
このあたりは大きな木が多く環境の良いところですが、大木=あっという間にスクスク育ってヨワッチイ=いつ倒れてもおかしくない スリルに富んだ(?)ところでもあります。

     こういう時って、リスとかリザードはどこに避難してるんだろう?

タグ:Bangsar
posted by mie at 14:09| クアラルンプール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。