What's New


カメの更新中

●ブログ、書いてる場合ではないんだが。。。
帰国まで秒読みです。尻切れトンボで更新止まるかもです。

●この際、犬ブログでもいいかっ。。。

●7月来(去年の)、どのイベントも中途半端更新になってます。すみましぇん。

●ドイツ・スイス⇒ まだまだゆっくりUpしてます。 (一年がかりか?→2年たっちゃった;;)

●犬関連記事は、画面一番下タグクラウド「犬」からどうぞ。

2012年08月21日

空港下見

ラマダン明けの祝日で街中が静まり返る火曜日、KLIA空港の下見に出かけました。帰国当日、バンサーをどうやって運ぶのかシミュレーションするためです。こんなに人の居ないKLIAって初めて。飛行機飛んでないんじゃ?と思うほどし〜〜んとしていました。

当日はおそらくレンタカーを借りて、自分たちの手で犬を運ぶことになるでしょう。業者に依頼することも考えコンタクトを入れてるのですが返答がありません。マレーシアでは「ふつう!」な現象ですが、さすがにここで「やっぱしぃ?」などと笑う気にはなれない。
そうでなくてももともと業者委託は気が進まない。バンサーは神経質なので、彼にとっての恐怖と不安は最小に抑えたい。となると、やっぱりぎりぎりまで私達と一緒に居るほうが良い、空港での運搬でパニックになっても私達ならコントロールできる。私達は大変だけど:::

さて、空港ですが、調べてみたけれどバンサーのクレートが乗る大きさのトローリーはない、荷物を運んでくれるポーターサービスも存在しない。いえ、実際にはポーターは居ますが、これはKLIA Expressという空港と市中心地を結ぶ列車を利用したお客向け。

タイ航空に「大きなトローリーとかエアラインが持ってないの?」と聞いてみるものの「ない!」 「50kgの箱を私達でここまで運べるとは思えないけど…」とそれでも詰め寄ると、「そうねぇ。どうしても無理だったら、犬をケージから出してここまで歩いてくればいいじゃない?」って。
「え?いいの? 犬が歩いてくるんだよ?」「そう、大丈夫」

・・・・本当ですか? だったら何で最初からそう言わない?

いえ、上の一言は信用してません。当日になって現場で誰かに止められそうだし、犬を見ただけで「ぎゃー!」とか叫ぶ人がいる国だから、そうなったらバンサーも平静では歩けなくなる。エレベーターだって誰かと乗り合わせになるだろうし。

とにかく、車を降りてからエアラインのチェックインカウンターまで、自分たちで何とか50kgの巨大な箱を運ぶ算段をつけておかなければ。

つづく、

タグ:KLIA
posted by mie at 17:20| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

なんという日♪

今日は驚くほど何かと偶然が重なった面白い日だった。

ご近所のビビリ犬バフィー(過去記事に登場)がYenのところにボーディングに行っている。Yen曰く、私が日頃見ているバフィーとは全く違い、飼い主が居ないときは別犬だとのことで、興味があって見に行ってみた。

すると、バンサーと同じ黒シェパードが。
最初気付かずに、足元に来た黒シェパをバンサーだと思ってかまっていたら、横にいた男性が「それ、うちの犬。君のは向こうだよ」って。「え??」 かがんで犬の顔を見てみたら、あらほんと、違うわ。しかし、上から見下ろしていたら気付かない。
 3匹の黒犬
どうです? そっくりでしょ?(ボックスにカーソルを合わせると名前が出ます)
もう1匹の黒シェパはロキシーという雌犬。私達がバンサーを引き取る前の話、ロキシーの飼い主さんは一度バンサーを引き取っていた。しかし、ロキシーが受け入れずバンサーを追い掛け回していじめまくるというので、バンサーはまたYenの元に戻ってきた過去がある。この話は引き取る前に聞いていたけど、そのロキシーに会うのは初めて。2匹にしてみれば最後に会ったのは2年以上前のことです。
上の動画ではバンサーが先に吠えかけているけれど、その前にロキシーが散々バンサーに吠え掛かり、しつこいしつこい。バンサーは友好的に寄っていったんだけどねえ。やっぱり2匹はダメなんだね。でも、昔のバンサーのように逃げ回ったりしない、やり返して叱られたのが上の図です。
ロキシーは目が黄色に近い。耳の立ち方からしても神経質な犬です。

さて、もう一つビックリは、動画にちらっと出てくる3匹目の黒犬。ラブラドールのモモタロウ。
もう1年以上も前、週末の公園で出会ったバンサーとモモタロウ。顔を合わせた瞬間からはっちゃけまくって2匹で走る飛び込む(池に)の大騒ぎ。あんなに楽しそうに仲良く走り回っているバンサーを見たのは、あの時が最初で最後だった。
飼い主さんは日本人と中華系マレーシア人のハーフのお嬢さんで、毎週末遊びに来ているというので、あの日以降いつもは行かない週末の公園に何度か足を運んだ。でも、会えなかった。バンサーも他の犬達には目もくれず、あっちこっち遠い目をしてモモタロウを探しているようだった。
それが何とYenのところに来てるではありませんか! これも本当に偶然。しかもYenが「こら、モモタロウ!」と叫ばなければ気付かなかった。6月のペット博でYenのことを知った飼い主さんが、今回初めてモモタロウを預けたんだって。今、彼女は日本です。
モモタロウは私のことは覚えてないようだったけど、あの時と同じようにバンサーと2匹で走る走る、プールの周りをグルグル爆走する黒い塊り。見てるのが楽しくて動画を撮っていない;;

そして最後の偶然は・・・
夕方、私は疲労困憊で今にも目が閉じそうだった。でも「何だか肉が食べたい・・・」とつぶやいてみる。「外に食べに行こうか」とわんさん。(きっと家ではまともな食事は出てこないと察知したに違いない。)バンサーを連れてドイツ料理屋ハウスフランクフルトへ。
お腹を満たしてそろそろデザートでも頼むかな・・なんて言っていたら、あれ?!Yenと彼氏のDonが来た! お互いに「何でここに?」なんて言ったりして。いえいえ、私達はこの地域の住人ですから。彼らの家は車で20分は走ります。デイケアで預かっている犬を届けに行く途中、お腹が空きすぎて先に食事することにしたそうな。
食事を終えて、犬を届け終わった後に我が家に寄ってもらった。かつての飼い主(保護主だけど)が今の飼い主の家にいるという事実はどうやらバンサーを困惑させたらしく、ものすごく複雑な顔をしてました。

ところで珍しくYenたちとゆっくり話が出来たのだけど、彼らの呼びかけにもすぐ反応するバンサー、それどころか自ら顔を上げ目を見て何やら訴えるバンサーを見てこんなことを言っていた。
「保護して最初の一年間はどんなに呼びかけようとも全く反応しなかった。顔さえ上げない。ただじっとすみに伏せていた。」
バンサー、良かったね。君はラッキーだったよ。それでも3年も見捨てずに面倒を見てくれてたんだよ、彼ら。

いろんな出会いに感謝

     犬は同じ色同士かたまりやすい
タグ:
posted by mie at 23:00| クアラルンプール ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

動物検疫所に届出をしました

バンサーを日本に輸入するための届出を行いました。入国の40日以上前に済ませておく必要があります。もうそんな日です。Time flies ....

届出は動物検疫所の動物検疫検査手続電算処理システム(ANIPAS)を使いました。
電算処理システムというけれど、、、使い勝手は思いっきり悪いなぁ。やっぱりお役所感満載です。これでもお金払って外注したんだろうなぁ ブツブツ。。。
このオンラインで届け出るにも、やっぱり書類は必要ですからね。入力するだけ手間という話も・・・。利点は「届出」の次に「輸入検査申請書」を提出しなければいけないわけですが、ここに入力する情報を「届出」から流用できるって事くらい?

将来的にこのシステムを利用する人のために:
ANIPASの「届出」画面は一番最後の「届出をする」をクリックしない限り、入力内容を保存し、何度でも変更することが出来ます。一度、分からない部分は適当なことを書いても良いので、最後のページまで試してみることをお勧め。
ワクチンの商品名や製造元の名前など、獣医さんに書いてもらわないと分からないところもあります。しかも、紙の上にはワクチンの種類だけを記入するようになっているのに、オンラインだと製造元も書かなければいけない、その種類を与えられた選択肢からクリック選択しなければいけない項目もあり「え???」と悩みます。先に見て書類との違いを知っておけば、あらかじめ画面を印刷して持参し、獣医さんに選択してもらえば良いわけです。

私はどうしたか?
ある程度ウェブで検索して、きっとこれだろうというアテズッポで書きましたヾ(~∇~;) コレコレ
だって、また医者まで走らないといけないし、間違いがあれば検疫所が連絡してくるでしょう、狂犬病の項目でもないし。帰国まで2ヶ月を切ると、こんな気分です。

それでも届け出が済んだというだけで、大きな安心感があります。
(済んだというのは、私がエイッと届け出ボタンを押したという意味。まだ受理はされていません)

参照:動物検疫所「犬、猫を輸入するには」

オリンピックな耳 オリンピック仕様の耳

タグ: 日本
posted by mie at 21:00| クアラルンプール ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。